その場に適した名刺を

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

プライベート名刺は仕事用の名刺と比べると、自由度は高いといえます。好きなデザインを選択し、どういった情報を載せるかという部分に関してもご自身の考えに沿って選択ができるのが大きいです。オフ会や趣味の集りの際には、面白重視のプライベート名刺を持っていくのも一つの手といえるでしょう。高齢者の方にプライベート名刺を渡すのなら、やはり文字を大きくしてあげるようにすべきです。外国人の方に渡す場合は日本語が分からない場合もあるため、外国語にも対応するのが望ましいといえるでしょう。

プライベート名刺は自由度が高いため、その場に適したものを作成するのが基本となります。特にどういったものでないといけないという決まりはありません。仕事用の名刺の場合は色々な制限があるものの、プライベート名刺の場合はあまり気にする必要はないです。

電話番号やメールアドレスの書き間違いや読み間違いを防ぐためにも、プライベート名刺を上手に活用するのが望ましいといえるでしょう。その上で自由度が高いからこそ、好きなデザインを選択しても問題ありません。とりあえずという意味であっても、プライベート名刺作成しておけば、いざというときに大きなプラスとなる可能性は大いにあるのが事実です。